以前は手書きによって行われていた設計作業も現在ではCAD(Computer Aided Design)と呼ばれる、コンピュータによる製図が主流となっています。

2次元CAD

製図用紙にドラフタ等を使用し直接製図する代わりとして、コンピュータに直接入力することによりデジタル化させる事が出来ます。
現在の金型設計では、部品図によく使用され単純形状であれば2次元CADのみで済む事が多いです。

2CAD
2次元CAD

3次元CAD

3次元CADは2次元CADでは難しい曲面や複雑形状を表現することが出来ます。
現在成形品の形は複雑で3次元CADは必須になっており、金型設計、金型加工どの工程においても活用されています。

3CAD
3次元CAD